Dig upのブログです。


by shinya_qh31

カテゴリ:アート散策( 6 )

大阪散歩道

3日、大阪の難波までデザインのお仕事の打ち合わせに行って来ました。
打ち合わせ場所を丸福珈琲の本店(千日前店)でしたのですが、
他の店舗は現代風の内装だけれど、こちらはレトロな感じで良かったです。
客層も渋かったです。

せっかく大阪まで行ったので、中津の狭い路地にある,
ミミヤマミシン(造形作家さんのアトリエ兼ギャラリー)で開催中の友人の
テキスタイル作家さん二人の展示にも寄って来ました。
b0205378_17155775.jpg

姫路ののむらみちこさんの作品。
6月の旧グッゲンハイム邸の時にも出展してもらったものですが、
少し大きくなったのかな?
b0205378_17164444.jpg

ちょっとわかりづらいけど、神戸の濵田菜々さんの針金で作った洋服。
b0205378_1724842.jpg

ほんとは谷町6丁目の日音色と天満橋の時色での展示にも寄りたかったけれど、
時間がなくて断念。。。
しかし、大阪は都心よりも、そこからちょっと外れた昭和な香りがする街の路地裏に
面白いお店とかが点在してる場所が多くて、面白いですね。
[PR]
by shinya_qh31 | 2011-12-05 17:28 | アート散策

神戸散歩道

b0205378_4161728.jpg

昨日は朝から寒かったですね。
本格的な冬が近づいてる。

昼から神戸に仕事の打ち合わせに行ったので、
終わってから気になっていたものをざっと回ってくる。
GALLERY 301でガラス作家の友人の展示、GALLERY vieでイラストのグループ展、
コフクカフェにて店主のまりさんと雑談して展示中のゆきちこさんのイラストを見る。

夕方から神戸ビエンナーレへ。
行ったのはハーバーランド会場(ファミリア)と元町高架下を半分ほど。
すでに2007年と2009年に過去2回開催していて、
過去開催は神戸の友人などの評価が良くなかったので(理由が曖昧だったけど)、
どんなものなのかなって思ってたけれど、
体感形のインスタレーションブースが多く、エンターティメント的な楽しみとして
考えるならばそんなに悪くないんじゃないかなっと思ったりしました。
横浜トリエンナーレに比べて大物招待作家がいないことや
アート作品を読解して行きたい人には物足りないのかもしれない感じかも。
ハーバーランド会場のアートインコンテナが東日本大震災の影響で、
東北でコンテナ需要があり本物が使えなくなってしまったので、
ビルの中にパーテーションで仕切っての展示になってたのが残念でした。
しょうがないけれど。

夜はポストカードを置いてもらってる元町のGIANに寄って店長さんと雑談して、
元町映画館で「プリミ恥部な世界」を見る。
参加アーティスト以外の予備知識があまりないまま行ったのだけれど、
単なる映画ではなく、一緒にライブやダンス?を体感しながら映像を見る感じ。
大筋の内容は把握したけれど、ライブに気を取られてたら、
少し内容がとぎれとぎれになってるんだけれど、
ミュージックビデオ的な感じだったし、それで良かったのか、、、な?
きっとゲストが違えば毎回違ったカタチの空間になるのでしょう。
ちなみに今回のゲストはテニスコーツの二人に、POPOの山本信記さん、
梅田哲也さん、山路知恵子さん、永田塁さんでした。
音楽が良かったので、サントラを買って来ました。
[PR]
by shinya_qh31 | 2011-11-22 04:18 | アート散策

西宮船坂ビエンナーレ

6日、昼から西宮に。
香露園と言う駅から近いsoramimibunkoと言う洋書絵本が少し置いてある、
ギャラリー併設の洋書屋で深田ちひろさんの花の展示を見てから、
車で北上し西宮船坂ビエンナーレへ。

b0205378_23413825.jpg
b0205378_2341497.jpg


棚田で行われているので、瀬戸内国際芸術祭の
小豆島中山地区に似たような感じのたくさん坂を歩くアートイベント。
エリアは旧船坂小学校、棚田、湯山古道の3つにわかれていて、
ざっと回れば2~3時間もあれば全部まわれる感じだったけれど、
17時を回って暗くなり作品もあまり見えなくなったので、
湯山古道エリアのいくつかは見れず。
小学校の2Fの古巻和芳さんの巣立ちの部屋が暖かい感じで、
個人的には好きでした。

瀬戸芸でも思ったのですが、今回の小学校や茅葺古民家など
古い建物を利用してるので、そういうのに触れることができるのが
魅力なのかなって思ったりします。

しかし、こういうアートイベントは日本各地に増えてきましたね。
少子化で廃校になる学校や廃屋が多いので、どうしようかと検討する
自治体や企業などのグループが多いんだなって思います。
これからもっとこういうのが増えて、飽和状態にならないのか
ちょっと心配な感じもしますが、作家が活動する場などが増え、
注目される機会があるのは良いことなのかもしれませんね。

西宮船坂ビエンナーレ2010の会期は今月14日までです。
http://funasaka-art.com/

b0205378_2341572.jpg

b0205378_23424068.jpg

b0205378_23425064.jpg

b0205378_23425784.jpg

b0205378_23493223.jpg

b0205378_23442350.jpg

b0205378_23443111.jpg

b0205378_23444170.jpg

b0205378_2345279.jpg

b0205378_23451180.jpg

[PR]
by shinya_qh31 | 2010-11-07 23:49 | アート散策
友人のmusika-ntさんが神戸元町駅の東口南側から徒歩一分の、
県道21号線と元町商店街の間の通りに、space eauuu(フランス語で水)と
言うライブや展示ができるフリースペースをオープンさせました。
1Fがたこ焼き屋が目印の雑居ビルの3Fです。
オープン日は今日なので行けませんが、10月中に一度行こうと思います。
気楽に集まれて交流を広げられる場所ができたのは、とても嬉しいです。
写真は9日に神戸に行った時に、寄らせてもらった時のもの。
b0205378_926441.jpg

今日は百景ツアーin姫路です。
昼から映像を撮ったりしてから向かいます。
カンパ制なので、お時間あればフラっとお立ち寄りください。
よろしくお願いします!

『空中散歩vol.1』
主催:Dig up

日程:2010年10月16日(土)
時間:開場18時30分 / 開演19時00分
場所:姫路 ease
出演:百景(東京)、桜井まみ(京都)、kisetsu/ame(神戸)
料金:カンパ制
[PR]
by shinya_qh31 | 2010-10-16 09:26 | アート散策
今月頭に二回目となる瀬戸内国際芸術祭をまわってきました。
今回は鬼ヶ島伝説で知られている女木島、
芸術祭で一番大きな島の小豆島、それに高松。
b0205378_2504732.jpg
b0205378_2505658.jpg

初日は天気が良かったのですが、二日目は大雨でかなり大変でした。
でも、作品と島の風景を楽しみながら、歩くのは楽しいですね。
女木島は港を降りてすぐのところに城壁のような石垣があるのが印象的で、
小豆島は中山の千枚棚田など、圧倒されるようなところがあり、
これらを作ってきた昔の人の知恵や苦労が見えて面白かったです。
b0205378_2513071.jpg
b0205378_2514695.jpg

芸術祭はレアンドロエルリッヒの「不在の存在」や
王文志(ワンヴェンチー)の竹を5000本使った「小豆島の家」などまわってきました。
小豆島の家では香港の楽団の演奏もあったそうですね。
あそこでそういうの聴けたら、凄い良さそうだなぁ。
b0205378_2515564.jpg
b0205378_252434.jpg

島での食事は、 女木島がレアンドロ・エルリッヒ作品内レストランの「イアラ」と、
小豆島では井上誠耕園「カフェ忠左衛門」でいただいたのですが、
どちらもとっても良かったです。
忠左衛門はちょっと行くの大変でしたけれど。
b0205378_252122.jpg
b0205378_2522163.jpg

あと高松で連れて行ってもらった、仏生山温泉は素敵な感じでした。
うどんも二食堪能させていただきました。
b0205378_2522849.jpg
b0205378_2523792.jpg

小豆島は一部分しかまわってないと思うのだけれど、
芸術祭関係なく、また車でまわりたいですね。
[PR]
by shinya_qh31 | 2010-10-16 02:53 | アート散策
ブログを再開してみました。
よろしくお願いします。

28日に豊島、29日に男木島に直島と瀬戸内国際芸術祭をまわってきました。
晴天で暑かったですが、島の空気がとても気持ち良かったです!

・瀬戸内国際芸術祭2010:http://setouchi-artfest.jp/
b0205378_1221120.jpg

●1日目
豊島は自転車でまわろうかと思ってたのだけど、
ガソリンスタンド兼レンタサイクル&レンタカー屋をしている
夫妻に急で長い坂が多いから、絶対車で回ったほうが良いと聞き、
車をレンタルしました。
b0205378_1222956.jpg
作品は主に家浦、唐櫃岡、唐櫃浜、甲生の4地区に分かれていて、
休憩入れながら時間をかけてまわろうと思ったら1日かかる感じです。
b0205378_1224983.jpg
クリスチャン・ボルタンスキーやトビアス・レーベルガーなどの
作品がメインになるのかもですが、個人的には
大阪芸術大学豊島アートラボのノリとたゆたうで寝そべりながら、
作品を楽しむことができたのと、塩田千春さんの公民館での
作品が好きでした。
b0205378_1303088.jpg
お昼は島キッチンでキーマカレーをいただき、
夜はアモーレテシマリゾートと言う
ビーチがすぐにあるコテージに泊まりました。
豊島美術館は10月17日オープンとのことで、また来年にでも
行きたいな~と思っています。
b0205378_123762.jpg

b0205378_1232455.jpg



●2日目
男木島は一つの集落に作品が集中しています。
尾道のような坂の町で、迷路になっていて
町を散策するだけでワクワクします。
僕らはお茶しながらゆっくり回ったのですが、
早足ならば2時間~3時間程度でまわれる感じの広さです。。
b0205378_1241527.jpg
他の島に比べて、若手の作家さんの作品が多いのだと思うのだけれど、
前日の豊島よりもむしろ男木島のほうが好みな感じでしょうか。
高橋治希さんのインスタレーションと松本秋則さんのサウンドオブジェがとても良かったです。。
b0205378_1243759.jpg
お昼は円でひしおぶっかけうどん。
島の食事は予約しないと食べれないところもあるので、
もし今後行かれる方は気をつけて行ってもらえたらと思います。
b0205378_1262877.jpg
直島では滞在予定時間が2時間程度なので、お土産買って
カフェまるやと直島レコードの波多さんが
7月19日にオープンさせたカフェコンニチハに挨拶に行っただけ。
二人の元気な顔が見れて良かったです。
b0205378_1264421.jpg

すでにコンビニが出来てたのは驚きましたけれど。 まだ小豆島、女木島、大島、犬島と残っているので、10月31日までの
会期終了までにいくつかまわれると良いな~って思います。
[PR]
by shinya_qh31 | 2010-09-01 00:45 | アート散策